キルギス産 馬プラセンタ

MENU

キルギス産の馬プラセンタ

胎盤由来の成分であるプラセンタが美容・健康の観点から注目されて久しいですが、近年はこれを利用した商品が増える中で差別化を図るべく、原料や原産地を絞った商品も増えています。そうした中で注目を浴びているものの1つが、キルギス産の馬プラセンタです。

 

まず馬プラセンタは

 

豚プラセンタと共にプラセンタ加工品の採用原料の主力となっているものです。その特徴は妊娠周期が豚と比べて長い為に栄養成分が凝縮され易い事・組織面でのヒトとの近しさからアレルギー等の副作用の心配が少ない事・豚由来のものには含まれない必須アミノ酸を有している事、等を挙げる事が出来ます。

 

キルギス産の馬プラセンタ

一方、キルギスについては内陸の山岳地で標高の高い国家として知られています。環境的には厳しくも思えますが、山岳地にある事で水が澄んでいる・土地が肥沃であるといった特徴があります。

 

更に標高の高さから馬がタフで肺活量が高くなり易いという特性もあって、飼育には適した環境です。餌の質も確保される事から、他地域で育つ馬よりも化学物質等への曝露が少なく、且つ胎盤を含めて全般に栄養豊富な個体が育ち易いとされています。

 

キルギス産の馬プラセンタについては現地政府が積極的に関わっており、その姿勢に生産者も応える事で健康状態のチェック・胎盤採取後の速やかな冷凍保存管理がきっちりと為されているという利点があります。

キルギス産の馬プラセンタは安全

これらの点を総合すると、キルギスからは良質・高栄養でより安全な馬プラセンタが供給されていると言える訳です。

 

この点に注目して近年はキルギス産を積極的に採用する商品も多く、特に単体の純度の高いプラセンタ商品においてはその効果の実感という面からも注目を浴びている訳です。

 

 

豚プラセンタの副作用 TOP