馬プラセンタ 羊プラセンタ

MENU

馬プラセンタと羊プラセンタの特徴を比較する

プラセンタは人気のある美容成分であり、スキンケアコスメやサプリメントに多く使われています。プラセンタとは胎盤のことで、馬や羊、豚由来のものがあります。アミノ酸などが豊富で、非常に高い美容効果が期待できるため、美容愛好家に支持されている成分のひとつです。

 

中でも高品質だといわれているのは

 

「馬プラセンタ」

 

「羊プラセンタ」

 

 

です。両者を比較することで、それぞれの特徴や栄養価、安全性などを知ることができます。

 

馬プラセンタは非常に高品質

安全性も高いといわれています。その理由は、国産サラブレッドのプラセンタが使われているためです。国産サラブレッドは牧草や飲み水など、飼育に関するあらゆる面で徹底的に管理されています。

 

そのため病気にかかることが少なく、薬を使うこともあまりありません。馬は人間に対するアレルゲン性が少ない点でも、安全性の高いプラセンタということになります。馬の出産は1年に1回、1頭のみなので、大量生産ができず、稀少価値が高くなっています。

 

栄養価では

 

馬プラセンタはアミノ酸の「量」が多く、アミノ酸の「種類」も多いです。一般的によく使われている豚プラセンタにはない、必須アミノ酸のヒスチジンやフェニルアラニン、メチオニン、トリプトファンが含有されています。さらに、準必須アミノ酸であるチロシンやシステインが含まれています。価格は高いですが、効果も高いとされています。

 

羊プラセンタですが

全ての製品はニュージーランドやスイスからの輸入となっています。国内では流通が少ないため、こちらも稀少価値が高いものとなっています。羊は免疫力が高く、病気になりにくいので、薬を使う頻度が低いため、品質の良いプラセンタが抽出できます。

 

羊プラセンタは、人間に近いアミノ酸組成であるため、体内に浸透しやすいプラセンタです。赤みや発疹などの拒否反応が出にくいのも特徴のひとつです。価格は普通程度ですが、効果は高いといわれています。

 

馬プラセンタも羊プラセンタも、主にサプリメントとして摂取する形がほとんどです。それぞれの製品に使われているプラセンタを比較する必要があります。

 

 

豚プラセンタの副作用 TOP